長期ダイエットのススメ

「ダイエット」というと、「短期間で!」「簡単一ヶ月ダイエット」など
短期間で行うダイエットが多く取りあげられていますが、私は、正しいダイエットは長期的に行っていくものだと思います。

やはり大事なのは食事の見直し。

「食事制限」ではなくて「見直す」事が大事なのです。

そして適度なストレッチや運動。

「そんなの無理だ!」と思われるかもしれませんが、私も最初は運動なんて絶対無理だ、痩せるなんて無理だ、と思っていました。

しかしまずは食事を見直したとたんに体重がするすると減っていき、そのうちそれが自信になって、運動も続けることが出来ました。

実際私は、元々およそ70キロ近くあった体重が、現在およそ55キロ。

ただし2年ほどかかりましたが、代謝が良くなったせいか、現在もまだ体重は減り続けています。

正しいダイエットで、長期的に美しく、良いスタイルを維持する事をオススメ致します。


乱れた食欲をリセット中

夏の暴飲暴食で気が付くと体重が6キロ程増えていました。
人によっては暑くて食欲が落ちる様ですが、私の場合は暑さで運動が出来ないのに加え、ボリュームのあるものを食べたくなります。
その延長のまま更に食欲の秋、ここでどうにかリセットしないと冬には大変な事になってしまいます。

そこで今、一日3食から一日のうちでお腹空いた時だけ食べると言うスタイルに変えました。
朝昼晩の正しい時間帯に合わせるものでなく、お腹が空いていない時は食べないのです。
その代り夜は7時迄に終える。

この2点を続けて、暴飲暴食で乱れていた食欲をリセット中ですが、既にマイナス3キロ、結果が出始めています。


仕事とダイエット

ダイエットといえばウオーキングでしょう。

しかしこれは、単独でやると、相当な努力が必要です。
私は仕事をしながらのダイエットがいいと思います。

例えば、ポストニング。
これは町内を相当歩きます。

郵便ポストにチラシを入れていると、自然に歩いています。

またスーパー等のカート回収業務。
これもカートを運んでいると、自然に歩いています。

後はショッピングモール等の掃除とかゴミ拾いですね。

これも知らず知らずに歩きます。

歩いて歩いてお給金がもらえる業務です。

1石2鳥になると思います。

これに行き帰りの歩きを入れれば、優に1万歩は歩くことになるでしょう。

これだけ歩けばダイエットになると思います。


無料で出来るダイエット №2

前回は、ダイエットの動機や目標値について記述しましたが、
今回は、ダイエットを始めるにあたり、私が準備したツールをお知らせします。

まず、当然ながら「ヘルスメーター」です。

体組成計付のデジタル表示のものが良いでしょう。

腹囲を測定するための「メジャー」。

私は、百円ショップで購入しました。

測定値を記録する表やグラフ。

私は、Excelで作成しました。

記録項目は、
体脂肪、筋肉量、基礎代謝、体重、腹囲、等
そして、取得カロリーの記録表。

これも、Excelで作成しました。

朝食、昼食、夕食、酒、酒のつまみ、間食
さらに、各表の記事欄には、起床時間やイベント等を記入するようにします。

これで準備完了です。


ダイエットを止めれば痩せるには目からウロコでした。

アンチダイエットの事を提唱している夏目祭子さんのブログや、その特集記事を閲覧してみて、太る食べ物は存在しないという内容には特に目からウロコでしたね。

何度かダイエットをしてきて、揚げ物や炭水化物、スイーツ類は太る食べ物と言われてきただけに、太る食べ物は存在しないとあれば、食べたかったら食べてもいいんだ!という気持ちになり、肩の荷が下りたような気がしました。

食べたい時には食べる、食べたくない時には食べないとあるのですが、この事を知った時には心が自由に慣れたような気がして、今までのダイエットへの縛りから解放されたような気がしました。

但し、食べたい時に食べるといっても、暴飲暴食しても良い、という訳ではないので、その点を勘違いしないように気を付けたいです。

今後も夏目祭子さんの特集記事をじっくりと読んで、ダイエットに取り組みたいです。


甘いものは、甘い飴を食べて我慢しましょう!

今までやったダイエットで、一番効果があったのは、甘い飴を舐めて甘いものを我慢するダイエットです。

妊娠中、どうしても甘いものが欲しくて欲しくて、食べづわりだったこともありずっと食べ続けていました。

そのせいで体重が驚くほどに増え、気がついたら医者に注意を受けるほどになっていました。

それでも、身体は甘いものを欲してしまうので、食べずにはおれません。

その時に効果があったのが、甘い飴で我慢するダイエットです。

おススメはミルク味などの、飴自体でとても甘いもの。

甘いものが食べたくなったら、それを口に入れるのを繰り返すだけです。

飴なのでそんなにすぐはなくならず、甘いものを食べた気分になれるので我慢しているとそこまで感じずにいれます。

この飴ダイエットのおかげで、その後はそこまで体重が増えることもなく、無事出産に至りました。

飴の食べすぎもよくはないですが、チョコなどに走るよりは効果があり、我慢し続けるダイエットよりは持続性もあります。

私のおススメのダイエット方法です。


ストレスをためないでいきたい。

やはりダイエットをsるときにはできる限りストレスをため込まない方法でやっていきたいですね。

ストレスを抱え込むと基本的に、体によくないですし一番まずいのはストレスによって暴飲暴食をしてしまうのがいけないと思います。

食事はストレスを軽減するのには有効な手段であるため、暴飲暴食はそのストレス解消に役に立ってしまう作用がありますので悪い方向性のストレス発散になってしまいます。

こうなってしまうと今まで我慢してカロリー制限していた意味もなくなってしまい、体重増加につながってしまいますのでストレスをためすぎないように適度におさめておく必要があるのです。


ダイエットプロテイン

ダイエットの最中にダイエットプロテインというものを利用したことがあります。

ダイエットプロテインはダイエット中に少なくなってしまうたんぱく質について補充するには十分なものであり、筋肉が減って基礎代謝が減らないようにするためにはちょうどいいものとなっていたので、重宝しています。

ビタミンなどの栄養価も十分に取れるように栄養が含まれていて、栄養不足がちになるダイエット中には十分なものでもあります。

また、最近のプロテインは美味しい味に調合されていますから、飲みやすいため、ダイエット中には食事の代わりにとても重宝しました。


夜トマトダイエットに挑戦

私は一か月夜トマトダイエットに挑戦し、体重53キロから49キロまで痩せることができました。
身長は155cmぐらいです。
やり方は姉の体験を参考にし、オリジナルな方法で挑戦しました。
運動やストレッチ、半身浴などは特に行いませんでした。

まず朝ごはんは、洋食派だったのですが、和食に変えました。
ごはん、味噌汁かフルーツ、それからのりをかけた納豆です。
昼ごはんは、週二回ぐらいは、お弁当、週三回は社食でパスタやラーメンなど、休日はカフェなどで、定食かサラダなどでした。
大事なのは夜で、私はトマト2個にオリーブオイルを大匙一杯かけたものを毎日食べていました。
正直、トマトの味は大好きですが、かなり飽きてしまい。
三週間目からは、トマト一個と、レタスやニンジンなどサラダと組み合わせて食べていました。

何とか続けることができましたが、私には、一カ月が限界だったように感じています。
トマト以外の野菜でも栄養がある野菜は多いので、夜ご飯を野菜に変えるだけでも大分体重は減るように感じましたが、トマト好きにはぴったりなダイエットかもしれません。


最初に野菜ダイエット

最初に野菜を食べるダイエットで、一ヶ月で、二キロ痩せました。

特に何を食べないようにすると言う制限を付けず好きなものを好きなだけ食べても良いと言うルールで、キャベツの千切りを一皿食べてから食事をすると、決めました。

キャベツの千切りを一皿ノンオイルドレッシングで、ひたすらよく噛んで食べるのですが、最初のうちは顎が疲れてその間にお腹が一杯になってしまって、いつも通りの食事を食べきれないようになりました。

そこで、自分の食べたいものだけを用意し、白米の量を減らして一ヶ月続けることにしたら、便通もよくなり、ご飯の量も減らせて、食べたいものも食べれるストレスも溜まらないダイエットをすることが出来ました。